シルクドソレイユ 3D を鑑賞しました

中井組は、11月に入って2回目の休日、久しぶりに映画館に行きました。

選んだ映画は「シルクドソレイユ」http://www.cirque-3d.jp/

画像


シルクドソレイユの公演は、ロンドンのロイヤル・アルバートール(毎年世界3大競技会の一つロンドンインターが行われる会場)で見たのが最初でした。
ロンドンに2か月ほど滞在中のことです。コーチャーのリンジー・ヒリアー先生が「素晴らしかったからぜひ見に行きなさい」と勧めてくれたのでした。
確か「サルティンバンコ」でした。

体操競技を芸術にまで高めた、すごい演技に圧倒されました。

以後、たくさんの演目で世界中を沸かせ、演技者も大集団になったようですが、残念ながら日本公演を含めて鑑賞する機会がありませんでした。

今回の映画もさらに演出効果が進化していました。
オリンピック選手もスカウトされているとか、オリンピック競技が芸術として進化したと感じました。


3D映画は初めてでした。
いろんなものが近くまで飛んできて驚かされました。



ダンスのDVDや番組も3Dで鑑賞する時代が必ず来ますね。

日本のダンスも平面的な感覚(床と足型)は早く卒業して、
ダンスジャルダンで指導しているダンスダイナミクスのような3D感覚を教えてほしいです。


3D画像でも鑑賞に堪える魅力的なダンスを身に付けたいですね。

by理恵

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック